矯正歯科

当院の矯正歯科治療

当院では、日本大学松戸歯学部附属病院 顎顔面矯正外科学講座に所属する、井波先生がお子様から大人の方まで、患者様のご要望に合わせた適切な矯正治療を行います。

「矯正を始めたいけど、どうやって歯科医を選んだらいいか分からない」と悩んでいる方はいませんか?
そこでひとつの基準となるのが、日本矯正歯科学会(日本で最も権威のある矯正の学会)が認定している、「認定医」「指導医」といった資格です。

歯列矯正は、単に見た目をよくするためだけのものではありません。
歯並び・噛み合わせが悪いと、虫歯や歯周病になりやすくなります。
そのような歯を健康な状態に戻し、いびきや歯ぎしり、舌足らずな話し方の改善にも効果があります。

美しい歯並びは健康面だけではなく、精神面にまで良い影響を与えます。
最近では、アンチエイジングといった側面からも、矯正治療が注目され始めています。

当院の矯正歯科治療

お子様におすすめする矯正治療とは、乳歯と永久歯が混在している時期に行う矯正治療です。
大人になってからでも可能ですが、子供の時期から矯正を行うことによってより理想的な治療を行うことが出来る場合があります。
理由として成人後はアゴの骨の成長が終わってしまっているので歯を動かすだけの矯正になってしまいますが、子供はまだ成長段階にあるので、ある程度アゴの成長をコントロールしながら矯正を行うことが出来るという点が挙げられます。


大人の矯正治療(成人矯正)

全ての歯が永久歯になった状態(永久歯列期)からはじめる矯正治療です。
ブラケット(矯正装置)をつけ、より良い咬み合わせを作ります。
基本的に虫歯や歯周病などのお口の病気がなければ、何歳からでも成人矯正治療は可能です。

当院では、矯正専門医により目立ちにくい透明や白い装置による矯正なども行っております。

通常の矯正装置(左)と 目立たないブラケットの矯正装置(右)


デメリット 悪い咬み合せや歯並び

  • 歯がよく磨けないので、虫歯や歯ぐきの病気(虫歯や歯周病など)になりやすい。
  • 上下のあごの発育や顔の成長に影響を与えて、不調和をもたらす。
  • 正しい発音がしにくくなる。
  • よく噛めないために胃腸に負担がかかる。
  • 人前で笑えないほどの心理的な問題を起こす事がある。

メリット矯正治療後

  • 食べ物がよく噛めるようになって胃腸の消化を助ける。
  • 口元が整って、表情が美しくなり、自信が生まれる。
  • 虫歯や歯周病のリスクが大幅に減る。


透明な装置で目立たない矯正治療

一般的な矯正治療(マルチブラケット)と同じです。
装置自体が透明または白色のため通常よりも目立ち難く、見た目に優れます。


インビザライン

インビザラインは、従来のブラケットやワイヤーを使用する矯正装置と違い、装着していても外見上はほとんど矯正装置をつけていることはわかりません。
大きな特徴としては、患者様ご自身での脱着が可能となっております。
食事も歯磨きもいつも通り可能です。
透明な取り外しの出来るマウスピースのような矯正装置を、治療中の歯の動きに合わせて、順番に取り替えて治療していきます。 2週に1度程度のご来院時に、透明な薄いマウスピースをお渡しいたします。

このマウスピースを、食事と歯ブラシ中以外の1日20時間以上装着することにより、少しづつ歯が動いていきます。 使用するマウスピースの総数は、1人あたり20~60個の範囲です。
数は治療の難易度などにより異なってきます。
装着してもほとんど目立たず、必要に応じ取りはずすことが出来ます。


診療について

一般歯科

当院の一般歯科治療
虫歯治療
歯をできるだけ残す歯科治療
歯周病治療について

小児歯科

お子様の歯科治療
お子様の矯正歯科

予防歯科

予防歯科の重要性
予防歯科について
予防歯科の定番(PMTC)

矯正歯科

当院の矯正歯科治療
お子様の矯正歯科
大人の矯正治療(成人矯正)
透明な装置で目立たない矯正治療
インビザライン

歯科口腔外科

親知らずの抜歯について
顎関節症について
睡眠時無呼吸症候群

ホワイトニング

ホワイトニングとは
ホワイトニングの方法
ホワイトニングのメリット・デメリット
歯肉の漂白(歯肉ピーリング)

入れ歯

当院の入れ歯(義歯)治療
留め具の無い入れ歯
保険適用の入れ歯

訪問歯科診療

訪問歯科診療について
寝たきりや障害などによって通院が困難な方々のために
当院の訪問歯科診療
訪問エリア
訪問歯科診療の申し込みについて

障害者歯科

障害者歯科
具体的な治療について

診療について





FACEBOOKページはこちら

モバイル 携帯からもご覧になれます。

患者の気持ち


このページのトップへ