小児歯科

お子様の歯科治療

当院では、日本大学松戸歯学部 小児歯科学講座に所属する、折野先生がお子様のお口周りの健康についてご相談を賜ります。

(週一回の勤務のため、混雑が予想されます。お早目にご予約をお願い致します)

お子様のお口周りを常に健康に保つためフッ素塗布やシーラントなどを積極的に行っております。
シーラントとは奥歯の溝に詰めることによってフッ素を放出する材料です。 もちろん健康保険対象内の治療であり、歯も削る必要がありません。 生えたての歯は虫歯に対して無防備な状態です。

私たちとお父さん、お母さんが協力して積極的に、お子様の歯を虫歯から守ってあげることをお勧めします。
また、大人同様、正しいブラッシングや口腔ケアの指導を丁寧に行い、幼い時からしっかりとした歯ブラシの習慣を身につけることはお子様にとって一生涯にわたりとても有益なこととなるでしょう。
尚、治療はお子様が当院に十分に慣れてから行いますのでご安心下さい。

また、虫歯予防に効果のあるフッ素塗布やシーラントなどお気軽にご相談下さい。


フッ素塗布

歯質を強くしてむし歯に対する抵抗性を高めることのできるものは、現在のところフッ素だけしか分かってません。
むし歯を予防するうえでのフッ素の作用は次のものがあります。

  • フッ素がエナメル質(歯の表面の層)にふれると、エナメル質の結晶が硬く強いものに変化し、むし歯の原因菌に対する抵抗性が高くなります。 虫歯になりかかった部分には、フッ素が取り込まれ易く、その部分を修復する現象(再石灰化)を促し、むし歯の進行をおさえます。
  • フッ素の作用は歯に対するものが主体ですが、口の中の環境にも作用します。 むし歯は、むし歯の原因菌のつくり出す酸によって発生しますが、フッ素はその酸をつくり出す原因菌の働きも弱めます。

以上のフッ素の働きにより、歯はむし歯になることから守られます。


シーラント

シーラントとは、奥歯の溝を薄いフッ素入りのプラスチックで塞ぐむし歯予防法です。
奥歯の溝は複雑な形をしているので、歯ブラシの毛先が入らず、そのために毎日歯磨きをしていてもむし歯になってしまうことがありますが、シーラントで奥歯の溝を塞ぐことにより、奥歯の溝のむし歯を防ぐことが可能です。


正常な歯


虫歯


リン酸エッチング


光重合


シーラント完成

お子様の矯正歯科

当院では、矯正専門医の石岡先生が担当致します。

お子様におすすめする矯正治療とは、乳歯と永久歯が混在している時期に行う矯正治療です。
大人になってからでも可能ですが、子供の時期から矯正を行うことによってより理想的な治療を行うことが出来る場合があります。
理由として成人後はアゴの骨の成長が終わってしまっているので歯を動かすだけの矯正になってしまいますが、子供はまだ成長段階にあるので、ある程度アゴの成長をコントロールしながら矯正を行うことが出来るという点が挙げられます。


診療について

一般歯科

当院の一般歯科治療
虫歯治療
歯をできるだけ残す歯科治療
歯周病治療について

小児歯科

お子様の歯科治療
お子様の矯正歯科

予防歯科

予防歯科の重要性
予防歯科について
予防歯科の定番(PMTC)

矯正歯科

当院の矯正歯科治療
お子様の矯正歯科
大人の矯正治療(成人矯正)
透明な装置で目立たない矯正治療
インビザライン

歯科口腔外科

親知らずの抜歯について
顎関節症について
睡眠時無呼吸症候群

ホワイトニング

ホワイトニングとは
ホワイトニングの方法
ホワイトニングのメリット・デメリット
歯肉の漂白(歯肉ピーリング)

入れ歯

当院の入れ歯(義歯)治療
留め具の無い入れ歯
保険適用の入れ歯

訪問歯科診療

訪問歯科診療について
寝たきりや障害などによって通院が困難な方々のために
当院の訪問歯科診療
訪問エリア
訪問歯科診療の申し込みについて

障害者歯科

障害者歯科
具体的な治療について

診療について





FACEBOOKページはこちら

モバイル 携帯からもご覧になれます。

患者の気持ち


このページのトップへ