ホワイトニング

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは、ブリーチングとも呼ばれますが、歯の表面に付着した色素のみを落とすのでなく、歯自体を安全な薬剤の力で白く(漂白)していくものです。
例えばシャツを洗濯した場合、汚れは落ちますが(クリーニング)、もっと白くするには漂白が必要なように白い歯をご希望の場合にはホワイトニングが適しております。


歯に色が付く原因としては以下があげられます

1. コーヒー、お茶、タバコなどによる変色

色素が歯の内部まで取り込まれる事により、歯が黄色く見えてしまいます。

2. 加齢による変色

年齢を重ねるにしたがって、人の歯は自然に黄色く変色していきます。

3. 全身疾患に由来する変色

胎児の時期に、母親が服用した抗生物質や過剰に摂取したフッ素などの影響により歯が変色してしまう事があります。

ホワイトニングの方法

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは歯の表面に薬剤を塗り、ある特殊な波長の光を歯に20~30分あてることで自然な白さへ変化させる手法です。
もちろん施術中に痛みなどの不快なことが生じることはありません。
色調の変化が速いため、希望とする白さになるまでの時間は短くて済みます。

当院では、日本人が日本人の体質に合わせてつくった、非常に信頼性の高いホワイトニング材GC TION(ジーシー・ティオン)での治療に力を注いでおります。

STEP 1

歯面にジェルを塗布します。

STEP 2

光を使ってホワイトニングを行います。


STEP 3

最後に色の確認を行って終了します。




ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、ホワイトニングジェルを塗布し化学的に歯を白くする簡単な方法です。
はじめに患者様ごとの歯列に合わせたマウストレーを作製します。
後はご自宅でマウストレーにホワイトニングジェルを塗布し、決まった時間、継続的に装着することでホワイトニングの効果を得る事が出来ます。

STEP 1

歯の型をとり、あなた専用のマウスピースを作製します。

STEP 2

2回目の来院でマウスピースとホワイトニングジェルをお渡しします。


STEP 3

自宅にてマウスピースを2時間程度装着して、ホワイトニングスタートします。



ホワイトニングのメリット・デメリット

メリット

  • 健康な歯を削る必要が無い。
  • 比較的短い期間で歯を白く出来る。
  • セラミック等を使用する審美歯科治療に比べ、治療費が安い。

デメリット

  • 完全に元の色に戻ってしまうわけではないのですが、ワインやコーヒーなどを頻繁に摂取することによって、後戻りする。
  • 個人によって適応・不適応がある。


歯肉の漂白(歯肉ピーリング)

歯肉の漂白(歯肉ピーリング)をおこなってます。

処置の時間は30分ほどとなります。
詳細はお気軽にお問合せください。

診療について

一般歯科

当院の一般歯科治療
虫歯治療
歯をできるだけ残す歯科治療
歯周病治療について

小児歯科

お子様の歯科治療
お子様の矯正歯科

予防歯科

予防歯科の重要性
予防歯科について
予防歯科の定番(PMTC)

矯正歯科

当院の矯正歯科治療
お子様の矯正歯科
大人の矯正治療(成人矯正)
透明な装置で目立たない矯正治療
インビザライン

歯科口腔外科

親知らずの抜歯について
顎関節症について
睡眠時無呼吸症候群

ホワイトニング

ホワイトニングとは
ホワイトニングの方法
ホワイトニングのメリット・デメリット
歯肉の漂白(歯肉ピーリング)

入れ歯

当院の入れ歯(義歯)治療
留め具の無い入れ歯
保険適用の入れ歯

訪問歯科診療

訪問歯科診療について
寝たきりや障害などによって通院が困難な方々のために
当院の訪問歯科診療
訪問エリア
訪問歯科診療の申し込みについて

障害者歯科

障害者歯科
具体的な治療について

診療について





FACEBOOKページはこちら

モバイル 携帯からもご覧になれます。

患者の気持ち


このページのトップへ